共同生活四日目

既に暗雲たれこめている。

やっぱり鎮痛になるね。

視野が狭くなり心に遊びが生まれない。

連日連夜、元料理人のブルノに頑張ってもらっていた。

ベッドも2つ出来て辛うじて睡眠対策はとれた気がする。

その矢先の夜襲で、

ただでさえ少ない飲み水に食料を強奪。

治療のためのクスリを入手するために大きな代償も払う。

おろ?新しい来訪者におびえながら話を聞くと、

瓦礫の下敷きになった人の救出を助けてほしいと言われる。

ブルノは連夜の睡眠不足がヤバイので寝かし、

ようやくマルコが動けるかなという矢先。

とはいえ・・・明日は我が身だ。

まともなコミュニティーと顔をつなぐのは生存確率を上げる上で大切。

これは知人のアメリカ人通訳者から教わった。

何故アメリカ人が初めての人に対して友好的な態度をとるのか。

ズバリ!

「味方になりうるかの品定め」これが本音らしい。

「こいとは挨拶をした。いざという時に助けてもらおう」 という唾付けみたいなものと知る。

それだけ大変な国なのだ。

日本がそれをしないのはその必要がなかったからである。

だから社交的=危機感の現われとも言える。

マルコにはやむおえず行ってもらうことにする。

夜は昼間ねていたブルノにまた行ってもらうことに。

ブルノ~ほんとスマ~ン。

夜は再び廃屋へ回収に。

バッグが小さいと厳しいな。

派遣したマルコが帰ってこない・・・。

不安が募る。

*

五日目

まずいな・・・廃屋の調査が終わった。

今後どうするんだ・・・。

マジかよ!!クソ!!クソが!!

( ゚д゚) うそ~~~!!

嘘だと言ってくれ!!

今回パヴェルを警護につけたのに・・・。

クソさんざん苦労して集めて、集めた以上に盗まれるって・・・・。

なんなんだよ、コロスぞ!!

・・・あ、いかんいかん。

挙句にパヴェルは負傷までして。警備損じゃないか・・・

あー飲料がヤバイ!!食料も!!

あ~~~も~~~。

マルコは無事に帰ってきたが屋内の探索は既に終わり、

完全に夜の探索がカギになる。

ブルノがなんかヤバイ。

今夜は復活したマルコへ向かってもらおう。

バッグも一番大きいし。

空腹だけど長期戦になることを考えると下手に食べられないな。

ここもボチボチ探索の終わりが見える。

一か所工具が必要なところがある。

あれは作らないとダメなようだな。

*

六日目

どきどきの瞬間。

とられるものが本格的になくなってきたのでヤケクソで

二人には寝てもらった。

ふ~・・・良かった。

今日はバールを作ろう。

特殊開錠用具か・・・必要な素材がない。

幾つか持ってたけど交換つ使ってしまった。

クソ・・・盗まれなかったら・・・。

なんてことだ!!

バールを作る素材が足りないじゃないか。

ナイフ・・・作れるな。

護身用に・・・いや、今はまだ・・・。

学校探索の為にシャベルもいる。

バールとシャベル。この二つは作らないと。

ラジオは聴くたびに新しい情報が入るのかな?

不安情報しかないが。

略奪者か・・・人の心はなんとも弱いものだ。

ここで氏素性と遺伝子、歴史がものをいう。

助かった、フランコが着た。

思ったより頻繁に来てくれるな。ありがたい。

欲しいものがいっぱいある。

ごはん!ごはんがないんだ!!

バールを作るのに必要な材料がある。

(“゚д゚) たったこれだけ!?

これしか無理なのか・・・

クソぉ・・・なんなんだよ。

バールとシャベルを作るのにギリギリの素材と、僅かな食料だけ。

空腹の2文字が重い。

そう、もう食料がない・・・盗まれなかったら・・・。

まずは我慢だ。

バールを作る必要がある。

食料はいよいよになってからだ。

よし、これで我が家の地下で唯一入れない場所にはいれる。

それと、これがあれば今夜はあの奥へ行ける。

そうそう、ココだ。

ここを開けたらこの家で探索していない場所がもうなくなる・・・。

よし!!

瓦礫が塞いでいる。

下手に素手でやると怪我しそうだけど・・・。

体力が弱っている時の怪我はイコール死につながる。

何せ消毒が出来ない。

それにしてもいよいよじり貧になってきた。

外敵さえこなければある程度コチラ側の計算で見えるのに・・・。

あ~・・・こんなことなら食っとけば良かった。

*

そして夜。

パヴェルに・・・いや、マルコにしよう。

パヴェルやばいな。

そうだ、バッグの容量からいってもマルコが優れている。

えーっと、ここで装備を入れるんだな。

バールをバッグに入れると。

あ~・・・シェルターに持ち物が少ない。

僅かな食料だけか。

後がない・・・。

マルコ・・・頼むぞ。

恐らく最後の 放棄された別荘 への冒険。

考えてみるとバッグの容積を計算にいれると、

当然ながら全員で言った方が早いんだね。

ただ・・・そうすると・・・う~ん。

マルコが最後に残された部屋へ向かう。

完全に盗賊だな。

よし!!やっぱりバールか。

そういえばリアルで長いことバール使ってないな。

入れた!!

良かった・・・これで幾ばくかでも価値のあるものが手に入れば。

水と食料が欲しい。

本格的に食料がない。

マルコも空腹である。

よしよし!!

色々出たぞ。

でも・・・材料ばかりだなぁ。

水、水と食料がもっとほしい。

今夜はこれでしまいにしよう。

これからどうなるんだ?

また夜盗に入られたら・・・

食料は・・・

どうすればいい。

ひょっとしたら・・・既に積んでいる?

こういう時はどうすればいいんだろう。

計画性の一方で突発性を考慮にいれ行動し、

終わったことは考えず、

小さな喜びを見つけつつ、

今日が最後のつもりで生きる。

(;´∀`)・・・

(`;ω;´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください