あんなところまでどうやって行くんだろうと

不思議に思っていると行き止まりにヤギ。

また持ち運ぶ?どこへ

周囲を少し見渡すも一本道。

何気にこのゲームの優れている点として行けそうに見えて

明らかに一本道。

これが変に悩む必要性を排除してくれる。

確かヤギって山登るんだよね。え?まさか・・・

( ゚д゚) おーーーっ!

やっぱりそういうことかw

ヤギにまたがり岩山を登る!

しかも道なき道!!

このダイナミックさ!この冒険心!

これはやらないと楽しさがわからない。

ちょ、待って・・・

これって・・・

(;´∀`)ヒイィィィ

こえーっw

このゲームはシビアな操作は必要なく半オートなのだが、

ビジュアルの演出でどうしてもビビる。

でも・・・ビビる側より楽しい側が勝る。

これは・・・あ~凄いなぁ。

ありがと~\(^o^)/

いや~大冒険!!実に大冒険だった。

(゚∀゚)キタコレ!

こんな山頂にサイエンティストが。

何やら博士そのものも困っているよう。

ここで少し悩む。

歯車を持っていると橋を飛べないし・・・

あ~そうなるのか。

あれ?違うと。

てっきりお兄ちゃんが踏み台でジャンプさせるのかと思った。

なるほど!(・∀・)

博士に何やらお願いしている。

まさか・・・いや、やっぱりそうだよね。

これ、弟で話しかけると じゃんけん をしだすw

お~し、カタパルトを出すぞ~!

似たような仕掛けに見えても微妙に変えてくる。

すぐに分かるのだがお陰で似た動作でも飽きが来ない工夫がされている。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ですよね~お~ワクワクする。

これは二人乗りなのかな?

しかもグライダーだ。

ヽ(゚∀゚)ノイエーイ!!

ここってオートパイロットかと思ったらそうでもなかった。

微妙に操舵を要求する。

ヤバイヤバイ!!

しかもこの微妙さが曲者で何度か墜落。(;´∀`)

いかん、このままで落ちる。

真っ直ぐ行くと道はない・・・右の断崖か?

でも断崖だと行けない?

う~ん・・・そうか!

(゚∀゚) よっしゃー!

これは案外難しかった。

そして~・・・・ふんふん。

ん?この縄を結ぶ意味は・・・

え?まさか・・・

高所恐怖症には玉ひゅんなアドベンチャーが待っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA