GeForce Experience ですが Ver.3.10 から?(現時点3.11.0.73)

オーディオトラックが分離出来るという神仕様が導入されました。

以後何度も仕様いじってきており安定していなかったのですが、

もう大丈夫かな?と思ったので記事にしておきます。

まずは起動後に図の シェア をクリック。

 

オーディオ を開きますと

このように システム音声 と マイク の項目があります。

デフォルトでは 1つのトラックを作成する になってますので、

両方のトラックを分離する を選びます。

マイクにもよりますが、ヘッドセット型 はマイクの性能がアレなので

ブーストレベルを50%は上げておきたい。

ただ・・・PCの録音デバイス設定が優先されているんだよねぇ。

書いていた矢先、Ver.3.12.084 から?

GeForceの設定が優先されるように。

しかも音声処理がOSより優れいてるのか

ヘッドセットマイクでもクリアに録音されてる!!

これは嬉しい。


* 注 意 *

マイクの ソース を選ぶのですが、

例えば フロントマイク から 音声を拾う場合

マイクを実際に接続していない状態で設定しても

いざ録画という段階でデフォに戻っちゃいます。

また、

マイクを抜くとデフォに戻りますので、

・マイクは挿しっぱなしにしておく

・録画する前に再設定

これを忘れずに。

ただ使わないのに挿していると電力のがねぇ。


* 留意点 *

仕様が安定していないので今後また変更ありそうですが、

導入当初と細かく違うのです。

現行のVer3.11.0.73では、(Ver.3.12.084も)

トラックを分離した設定 で動画をそのまま再生すると、

「マイクの音声」が主音声として強調され再生されます。

「ゲームの音声」はろくすっぽ出てません。

これも導入当初は違いました。

両方ちゃんと聞けたのです。

でも、ご安心を!!ちゃんと録音されてます。


* 編集ソフトで開く *

録画したデータをそれなりのビデオ編集ソフトに貼り込みますと、

(ムービーメーカーでは確認できない)

ちゃんとゲーム音声フロントマイクの音声トラックが出来ており、

ゲーム音声もバッチリ入ってるのがわかります。

編集の段階でゲーム音声を絞ったり、

逆にフロントマイクの声を上げたりと細かく調整出来る。

素晴らしい!!ヽ(´エ`)ノ

これまでは1トラックにミキシングされたので、

入力時にミスったらどうしようも出来ませんでした。


* 用途で使い分け *

編集をしないとか個人的記録用なら、

1つのトラックを作成する の方がいいでしょう。


* その他の仕様 *

他にも インスタントリプレイ の設定で

新たな要素として ハイライト が増えております。

自動で録画やSSをとる設定なのですが

デフォはオフだったかな?

容量とスペック双方に余裕があるプレイヤーさんは

「はい=オン」でいいんじゃないかな。

そうでは無い場合「いいえ=オフ」がいいでしょう。

ディスクドライブというのは使うほどに寿命が縮みます。

ソリッドステートドライブなら尚更です。

読み書きのデータ量で寿命が決まってますので。

その辺は懐具合とスペックとの兼ね合いで。

それと

細かい部分では接続先が増えましたね。

それとアイコン表記に。

アイコンだけだとちょっと分かりづらいけど。

いや~素晴らしい!!

今後にも期待できます。

*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.