Day7 七日目・・・

気分が落ち込む。

ふぅ・・・希望の灯りが見えない。

隠し部屋の収穫は大きかった。

でも、襲撃があれば一発でアウトだ。

かといって全員満身創痍。

警備しても逆にデメリットに働くこともある。

武器もない。

包帯があれば少々の怪我は平気なのだろうが。

食料が少ない。

水なんてないじゃないか・・・。

ブルノが・・・ヤバイ。

ブルノの精神状態が不安定なようなので、

ラジオでクラッシクを流す。

悲しい曲・・・なんだか更に気分が落ち込む。

でも、泣きたいなら泣いた方がいい。

ただ・・・泣くと体力を消耗する。

そういえばブルノは愛煙家だったな・・・しまった。

もう盗まれたり交換してしまった。

探索の終わったシェルターでやれることがない。

作りたいものはあっても材料がない。

寝るぐらいか・・・

マルコの とても空腹 が危機感を煽る。

最後の食料を食べるか・・・

マルコには探索へ行ってもらわないと。

夜、遂に学校へ行くことにする。

1つだけ食べたけど まだ、とても空腹のまま と表示が変わっただけ。

そりゃそうだろうな・・・。

そうか

今思い出した。

ある教授が 食べるものが無くなりそうなら慌てて食べた方がいい と言っていた。

それの意味するところは、無い時は無いからである。

食べておけばよかったんだ・・・。

明日、皆で食べよう。

ショベルを作っといて良かった。

学校には人がいるようで、まさに野盗のようにコソコソしないといけない。

誰がいるかわからないので覗き込む。

鋸か・・・材料があるかな。

あ・・・声が聞こえる。

あ~・・・・まるっきり彼らと同じことを言っている。

食料がもっていかれた、お前は大事な友人・・・

(`;ω;´) うっ、うう

どうすりゃいいんだ?

慎重に覗き込みながら進む。

あまり夜中まで作業すると体力がもたないだろうから帰ろう。

パヴェルとブルノがマズイ。

Day8 まだ一週間しかたってないのか。

どうすればクリアなんだ?

もう既に詰んでいる感が満載なんだが・・・

( ゚д゚)・・・嘘やろ

因果応報か・・ははっ。

警護もパヴェルにさせてはいたが武装はない。

うわあああ!食材が食料が・・・

ただでさえ少ない材料も・・・こんなんじゃ何もできんだろ。

挙句にパヴェルが餓死しそうだ。でも・・

(`;ω;´) 盗まれたもので全部だぞ

あーもーやだ・・・もうやだ。

もういいよ。

もういい。

もう嫌だ。

もう終わりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください