アクションパズルゲームなのでネタバレしないで進むのは

無理そうです。

このゲームは仕掛けが非常に簡素で演出が面白いので、

興味がある方は読まない方がいいと思います。

映画のダイジェストを見てもガッカリしないタイプの人、

特に買うつもりがない人のみ推奨。

ちなみに Steam でセール中は1コイン以内で買える。

222円 ヽ(´エ`)ノ

操作感がとても独特。

では、進めていきましょう。

ここの仕掛けも面白い。

お兄ちゃんだと格子をすり抜けられないので弟に任せる。

ここは一瞬どうしたらいいかわからなかった。

辺りを回っても仕掛けがない。

あ、なるほどな~、面白いなぁ と思わせる。

住人に話しかけるとお兄ちゃんと弟で反応が違ったりする。

アクションパズルの基本は1発死だろう。

兄弟を動かしながら犬に噛まれないように移動。

どっちかがオトリになる。

ふぅ~。危ういシーンもあり緊張した。

これまでのパズルゲーよりシビアじゃない感じで、

物語をしっかり堪能できる印象。

何やら鳥かごがある。

お兄さんにアクションさせるもからかうだけで何も起きない。

物語には関係ないだろうなと思いながら、

弟だとどうだろう?と思い、

弟にやらせると

( ゚д゚) お~!

鳥を逃した。

なんだろう・・・感動する。

こういう遊び心のあるゲーム、久しくプレイしていない。

視覚的にパズル要素は明白。

ただし、どっちを動かし、どうするか、そこが独特で

理にかなっているのがまたいい。

物語の没入を阻害するレベルでの謎はない。

ここの仕掛けも最初はピンとことなかったけど、

すぐに、「あ~そういうことか」とわかる。

あ~なるほどね(・∀・)ニヤニヤ

いいな~このゲーム丁寧だ。

この辺りは常に同時操作。

ここで謎の巨人と交流。

何やら巨人が協力してくれる風。

この巨人がまた実に味がある。

あ~そういうことか。

お前・・・なんでそこまでして手伝ってくれるん?(´;ω;`)

高所恐怖症なのでヒヤリとするシーン。

シビアなアクションパズルゲームだと

簡単に落とされてしまうのだが、このゲームはそんなことない。

日本のアクションパズルなんて

いかにプレイヤーを殺すかって感じがビンビンだもんねぇ。( ̄ー ̄)ニヤリ

まさかチョイ役と思っていた巨人が

この後も手伝ってくれ、実質3人の冒険になっていく。

勘違いしてしまいうかっかり崖から落下・・・ヽ(´エ`;)ノ

そこはパズルゲー、やはり一発死のようだ。

( ゚д゚) ひゃ~~~!!

二人の冒険は続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください