巨人の力を借りて謎の地下帝国へ。

どうやらここからは再び二人のようだ。

LEDパネルが目に痛いので極限まで照度やバックライトを抑えている。

従来照度10%程度だ。コントラストを調整しみやすくしているのだが

ブルーライトカットメガネしてコレなので本当にLEDは殺人的。

今後どうなるのか正直不安すらある。

メガネonメガネだと流石に邪魔で実用外だし。

なんじゃこれは・・

こんな地下に何やら人工物がある。

地底人でもいるのだろうか?

要所にある謎のベンチ。

座ってみると、なるほどw

全体が見渡せる絵面になり、デスクトップ壁紙にもいいね。

どこか主人公たちもふんぞり返って王様がごとき振る舞いw

これはどう行くんだ?・・・

どこへ行く?

多分・・・

はいはいはい!

このゲームは楽しさを損なわない謎が本当に素晴らしい。

日本のこの手のゲームは殺してなんぼのし掛けが多く、

本当にわからなかったり、出来なかったりすると、

(;´∀`) キレそうになるw

ヒヤヒヤものの飛び石。

うっかり忘れてしまうのだが、

段差ノボリや飛び石ジャンプは移動キーで構わない。

掴み動作や、飛び移りジャンプはアクションボタンがいる。

これ、うっかり間違うと落ちることがある。(;´∀`)

仕掛けが分からず右往左往していると、

何やら怪しげなパーツが。

あ~そういうことね。

二人で協力して運び、

ココだよね。

よっしゃ!よっしゃ!

綱渡り。

この綱渡りも馬鹿なことしなければ普通に渡れる。

この手のゲームなら大概はシビやだったりするが問題ない。

わかっていながらもどうも緊張する。

新しい仕掛けが。

これ面白のは二人のポジションが決まっており、

アクションボタンを押すと定位置に移動する。

この手のは動かすと機械が反応するので

間違いがすぐわかるのがいい。

謎が微妙に複雑になってきた。

それでもけして頭を悩ませるほどではないのがいい。

これ、子供と一緒に遊ぶと楽しいかもね~。

大体は子供でもわかる。

そう死なないのもいい。

これは・・・ああ、なるほど!

よっしゃ、兄さん!いいよ

謎の地下帝国に謎の施設が。

なんか王族でもいるのだろうか。

まさかピラニアじゃないよね?

ここでアクションボタンを押すと、

お兄ちゃんと弟のアクションを楽しめる。

王国を眺めるw

なんだか恒例になってきた。

おっと・・なんだこれは。

少しずつシビアになってきた。

えーっと・・・あ~そういうことね。

これは兄弟を別々に操作する必要が出て来るね。

弟が仕掛けを回し、

お兄ちゃんがアドベンチャー!

下手するとプレスされてしまう。

それにしても、これはなんなんだ?

なんでこんな施設が。

工場みたいだな。

不思議な装置が。

あ・・・なるほど。

このゲーム、ピタグラスイッチの中を遊んでいる感じだ。

面白い。これ面白いわ。

しかもどんどん進めるので飽きが来ない。

頭を捻り過ぎる謎も、高度なテクを必要とするアクション性も無い。

少し歩き回れば理解できるし、

ちょっと失敗すればわかる。

楽しさを優先した作りで非常に好感が持てる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA