ギルドシステムがUPDATE8からβ稼働し、恐らくコンセプトからいっても今後重要視すると推測している。
仲間が出来ると普通辞めづらくなる。長く遊んでもらう可能性が上がる。
発想が非常に日本的でかなり日本型ゲームを参考にしているようだ。
開発者のコメントからするとPSO2等を原型に自らの解釈で発展させているのかな。

WARFRAMEのフレンド登録やってみた>

画面右上にある「コンタクト」からフレンド申請でIDを入力するだけ。
該当IDに申請がきた旨が送られる。
この辺りのインターフェースのシンプルさは日本人にはいかにも馴染みがなく洋ゲーらしい点に感じる。
2013-05-25_00021
図のように送られた側は「コンタクト」にお知らせ合図が出る。
2013-05-25_00022
開くと、「PENDING(保留)」欄に相手のIDが表示され、「承認する」「拒否する」「プロフィール」のいずれかが選択出来る。
え?( ゚д゚) プロフィール書くところあったっけ、と思った。
2013-05-25_00023
この辺も洋ゲーらしい。
プロフィールといっても戦績のことだった。
これまでのFPS系は基本が対戦なので戦績を知ることには意味があったように思う。
COOP専門のこのゲームにおいては戦績よりもPlayerスタイルのアピールの方が重要に感じるのだが、ここは従来の方式を踏襲したようだ。
海外ではコノ方が馴染みがあるのだろう。
こんな感じで相手の戦績が閲覧でき、相手のPlayerスキルやハマり具合を間接的に知ることが出来る。

これで「承認する」を選べば晴れて「フレンド=友達というより知人」になれるようだ。
実にシンプルである。

戦績に纏わる争いの歴史>

FPSでは戦績=プロフィールの場合が多い。
対戦という性質上、重要なことだからに思う。

嫌われる行為というのは人それぞれだと思うが、FPSでは ”切断厨” は嫌がられる場合が多い。
協力ゲーにおいては致命的になるからに思う。
かく言う私も何度となく遭遇したことがあるが実にモチベーションが下がる。
負けそうになる、自分がヤラレタ、攻略出来そうにないと思う、と回線を切断し戦線を離脱してしまう人で、それが極端に多い人だ。
参加者のモチベーションを著しく下げるし、実際にプレイの妨げになる。
ただ、中には回線やPCの調子が悪くて意思に反し落ちてしまう場合もあるので数字だけではわからない場合もある。
中断数が多い=切断厨とは必ずしも限らない。
私も一時期回線の都合でそうしたことがあった。ヽ(=´▽`=)ノ

戦績を汚したくない人というのは昔からいるので、その為FPS系では戦績リセットというアイテムがまずある。
なので ”戦績厨” もいる。
他人の戦績に小姑のように煩いPlayerや、戦績が悪い人を極端に嫌悪する人である。
ただ、こうしたPlayerに限って自虐的に自己の戦績を捉えている場合が多いように感じる。
自慢しているようで自分の戦績が受け入れられず、結果として他者を攻撃してしまう感じだ。
「すげーウマイな」という人は大体黙々とプレイしている人が多い。自己の戦いに身を投じているからだろう。
こうした小競り合いがFPS系には実に多い。

現在このゲームはCOOP中心だが、ギルドの道場では対戦も出来るようだから無関係ではいられないだろう。
ちなみにこのゲームをプレイしたい場合、
steamアカウントを持たない人、持ちたくない人は公式からアカウントを作ったりゲームをダウンロード出来る。
自動翻訳っぽいので日本語に一部無理があるが、いちを日本語ページもある。
steamからだと別アカは作れなかったので、公式から別アカを作った。
必要なのはメールアドレスのみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください