ドイツ駆逐戦車ランク3の Marder2 ルートからランク4の自走砲をゲト。ランク4で自走砲初体験とかヤヴァイかな?とも思いながらもやってみないことにはしゃーない。誰も初めては素人。胸を借りるつもりでイン。

shot_077

実況プレイを見ていたので予習は結果的にバッチリ。ただ、やはりやってみないとわからないもので、なるほど自走砲は非常に難しい。援護射撃を要請しているのに何で攻撃してくれないのかなーとか思うシーンも過去にあったが、撃たないのではない、撃てないのだ。それらもやってみて理解した。

射線)

自走砲は高いや建物(壊せない)や、すごく高い木があると(木に関しては違うかも)射線が通らない。弓なりに飛ぶわけなので天空レーダーで座標は追えても弾が山の中腹に当たったり、建物に阻まれ通らないのだ。重戦車あたりの操舵士が決まって 街中 へ移動したがったり 岩に密着 する形で車体を寄せる理由がよくわかった。そうすると射線が通らないので命中しない!!

shot_091

緑:通る。赤:障害物により通らない。白:射程外

開始時点で射線が通る狙いを定めて移動しないといけないのだが移動速度が恐ろしく遅い。移動しているうちに敵が半滅していたら、味方が半壊してしまうことも少なくない為、移動するときはかなり思いきりが必要になる。軽戦車の索敵に引っかかるアボンなので、見つからずにすぐ発射体制にならないといけない。

射線によっては弾道がかなり変わるようで、遠い位置へ向けて撃つと浅く着弾したり深く着弾したりブレる。それは地形の高低差によって狙いよりかなり変化し着弾してしまうようだ。自走砲がウマイ人は恐らくそうした感を働かせてマーカーはあくまで参考程度にしているのだろうと思われる。かなり撃ち慣れないといけないようだ。

それと射程外。自走砲の性能よって凄く飛ぶのと、あまり飛ばないのがあると思われる。射程外には当然届かない。他に正確性や威力、装填速度などもあり、やっている人じゃわからない違いがあると思われる。これが初なのでわからないのがドイツ戦車らしく可も無く不可も無い性能? 射程が短いような気がする・・・それと正確性も今ひとつのような。

shot_071 (1)

え!?たった12両しか生産されてないのかw

動きに弱い)

重戦車に多いけど、平地での戦闘でじっとしていないのがいる。あれは跳弾を狙っているのかな?リスクの方が高そうに思うけど、と「?」だったが、それも対自走砲の動きだったと理解。前後にチョロチョロ動かれると当たらないのだ。自走砲は「いまだ!!」と思って発射指示してから着弾するまでに距離に応じて時間がかかる。その為、動かれるとまずあたらない。僅かな前後運動がこちらとしては命取りになる。

着弾点のバラつき)

その上で着弾点がバラつく問題がある。「ここだ!」と思って撃ったところに必ずしも着弾しないことがあり。それが結構ずれるのだ。焦点を完全に収束した範囲内が着弾点なので仕様通りである。1発1発に非常に時間がかかる自走砲からすると結構致命的である。

shot_078

索敵だより)

自走砲は味方が索敵してくれた結果しか攻撃出来ないので(適当に撃ってもまずあたらない)優秀な索敵班がいるかいないかは非常に大きい。こう考えると軽戦車の役割というのは非常に重要だったりする。

強化ルートは短い)

一番短いようだ。あっという間に終わるし、強化してもほとんど変化がない。

感想)

こうしてみると、なるほど上位へ行くほど自走砲の姿が無くなるわけで自走砲を出すぐらいなら 重戦車 で行ったほうが余程戦えるし脅威になる。ただ上手な自走砲使いと索敵がいると戦局はひっくり返るのでそういう意味では極めがいもあるのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA